ホーチミン市について

Ho_Chi_Minh_City_Diamond_Plaza.jpg

ホーチミン市(Thành phố Hồ Chí Minh 旧名サイゴン)はベトナム東南部に位置し、古くからベトナムの経済的中心
地として栄えています。「東洋のパリ」と呼ばれたフランス統治の影響が残る街並みと、飛躍的な経済成長で建てられた高層ビル郡が同居し、中国とは別のアジアらしさを残す都市です。
ホーチミン市を中心とするベトナム南部圏は、ベトナムのGDP のおよそ半分(工業生産額では60%)を占め、ベトナム経済を牽引しています。そのため、工業団地及び輸出加工地区をはじめ、流通やITなど各種分野の産業が集積しています。またタンソンニャット国際空港やサイゴン港などの交通要所もあり、ベトナムの経済を支えています。
人口は700 万人を超え、国際都市へと変貌しつつある街から、アジアのエネルギッシュなパワーを感じられます。

Vietnam01.JPG